Amazon Pay 決済ブロックを AWS Summit Tokyo 2018 で展示中

#

AWS Summit Tokyo 2018 の弊社ブースが連日盛況で感謝感謝の Katz です。

出展しているパッケージの一つである Amazon Pay ブロックをご紹介いたします。

Amazon Pay がサードパーティー向けの決済手段として公開され、どのサイトでも支払いを Amazon Pay で行うことができるようになりました。

そして concrete5 でも決済ができるように、ブロックを開発!

現在は、一括支払いと定期請求の機能に対応しています。

当記事のデモは、concrete5 で既に会員登録をしているユーザーが Amazon Pay でお支払いをすると、自動的に有料会員にアップグレードされ、会員限定コンテンツが見えるようになるというものです。

 

concrete5 決済ボタン画面

02_cart.jpg

Amazon ログイン画面

03_amazonlogin.jpg

ログイン後 concrete5 に戻り、発送先と使用するクレジットカード情報を選択

04_payment.jpg

決済完了画面 (開発中のため現在は英語メッセージ)

05_completed.jpg

 

ユーザーは有料会員用に設定した「Paid User」グループに所属し、アクセス不可であったページの閲覧、ファイルなどがダウンロード可能になります。

商品やデジタルデータの販売はもちろん、実際に有料会員を集めている団体様が会費を徴収する手段として concrete5 をお使いいただくことも可能となります。

 

concrete5 Amazon Pay ブロックの使用用途

  • 少ない商品数の販売サイトとして
  • オンラインサイトの有料会員機能
  • 団体様の (リアル) 会費徴収の手段

様々な可能性を秘めた Amazon Pay ブロック、お気軽にお問い合わせください。

 

皆様の課題解決を提案するパッケージを開発中

弊社では他にも様々なアドオンを開発しています。

  • 自動的に画像・PDF・動画にタグを付けて管理を容易にできるメディア・ライブラリー (Amazon Rekognition 使用)
  • メンバーに一斉にメッセージを送る Bulk Messenger
  • GDPR 対応の一環としても使える、concrete5 の公開プロフィールに退会機能を加える Quit Profile
  • イントラサイトを構築するためのテーマやアドオンをバンドルした社内イントラパッケージ
  • AWS 運用・構築プラン・引っ越しプラン

など。

 

AWS Summit Tokyo 2018 開催中

明日、6/1 (金) まで、東京、グランドプリンスホテル新高輪にて開催される、AWS Summit Tokyo 2018 に出展しています。

AWSUMMIT.jpg

 

06_awssummitbooth_DSC0536.NEF.jpgAWS様がスポンサーとなって運営させていただいている ESP Online の紹介を始め、このブログ記事で紹介したソリューションを展示しております。

グランドプリンスホテル新高輪の展示場にぜひ、お越しくださいませ。


コメント欄を読み込み中