会社サイトリニューアルで気をつけた細かいこと

#

コンクリートファイブジャパンのKatz です。

本日、弊社コンクリートファイブジャパン株式会社のサイトをリニューアルいたしました。

最新の concrete5 バージョンを使ったのはもちろん、Mautic という、オープンソースのマーケティングオートメーションツールを導入。また、AWS の EC2 + S3 を使い、HTTP/2 や、全ページ SSL 対応しました。concrete5 を活用し、企業・政府・団体のデジタルマーケティングを支援する企業としてのコーポレートサイトとして構築できたと思います。

詳しくは、構築を担当した菱川と、インフラを担当した岩本から解説があると思いますが、今回はすごく細かいコーポレートサイト構築で大切なことを共有します。


2016年はマイナンバー元年

今年は、マイナンバー元年。法人にも法人番号が割り当てられました。

この法人番号は、マイナンバーと違い、国税庁法人番号公表サイトから誰でも検索できるようになっています。



請求書発行など、経理をする人!企業の法人番号を調べる必要があるかも?

今年から、取引のある法人の法人番号を申告する必要が出てくるので、経理ソフトには取引サイトの情報欄に法人番号を入力する欄が追加されています。

請求書とか、支払いの処理をしている経理の人は、この法人番号の入力が必要になってくる場合があり、そうして、経理の方だけが法人番号を検索するのが一杯一杯になってくるので、見積もりを作る段階で、新規取引先を入力する営業担当が、法人番号を調べる必要が出てくるかもしれません。


ということは、会社サイトに法人番号を記載する必要あり?

B2B なお仕事をされている会社さんは、自社サイトに法人番号を載せておいたほうがいいかもしれません。

弊社サイトの会社概要サイトにも掲載しています。



画像ではなくコピペできるようテキストで

そして、打ち間違いを防ぐために、法人番号は画像に埋め込むのではなく、テキストでコピペできるようにしましょう。



コメント欄を読み込み中