弊社サイトリニューアル後1ヶ月経過レポートを公開します!

#

コンクリートファイブジャパン 菱川です。

今回は、2016年2月4日に実施した弊社サイトリニューアルの効果を Google Analytics, Google Search Console から見てみた結果をご紹介しちゃいます!

 

集客

セッション数
484.55% up

ページビュー数
506.28% up

平均セッション時間
84.18% up

こちらの数値は前年同月比です。リニューアル時からコンテンツを見直し、ブログを更新するように変えました。弊社メンバーがリアルタイムに興味のある内容や技術情報、イベントレポート、サービスのざっくばらんな紹介などを掲載しています。ブログ記事へのアクセスが全体の48%を占めています。しかし、たった48%とも言えます。

サービスページや会社概要などのコンテンツも見直し、分かりやすさを優先しました。ブログからの回遊でこれらのページのアクセスも意外なほど増えています。事業内容にあったコンテンツを発信していくことが重要だなと思います。今後のレポートでは、具体的にどんな記事が反応が良いのかも検証していきたいと思います。


モバイル、ソーシャル

セッション数(モバイル)
1539.39% up

セッション数(ソーシャル経由)
48,866.67% up

セッション数(検索経由)
119.95% up

こちらも前年同月比の数字です。全体のセッション数の増加比率に比して、モバイルの増加率はすごいことになっていますね。これでも弊社サイトは、ターゲットがビジネス向けなので、全アクセス中のモバイル比率は44%に留まっています。これがB2Cサイトだと、昨年度比でさらにすごいことになりそうですね。

そして、ブログ効果だと思いますが、ソーシャル経由からの流入が何と約4万9000倍(笑

以前のサイトは、年に数回しか記事を載せてませんでしたからねぇ…。検索からの流入も改善して倍になりましたが、良質なコンテンツを増やしてさらに伸ばしていきたいところです。


SEO

検索からのCTR
0.3% up

平均掲載順位
1.6% up

平均読み込み時間
47.91% down

最後に、Search Consoleで見た数値です。こちらは、前月比で、弊社の最も注力すべきワード「concrete5」での比較になっています。CTRは若干改善していますが、あまり変化なしですね。こちらは構造化データやAMPなどの対策を今後実施予定です。

平均読み込み時間は大幅ダウンになってしまいました。これは、リニューアル後に導入しているマーケティングオートメーションツール「Mautic」の影響が大きい結果になってしまっています。実は、CMSのキャッシュ機能との相性が良くないのです。弊社では Mautic の導入サポートもご提供していますが、このような CMS との相性の改善も、喫緊の課題と捉えて取り組んでいます。


それでは、またのレポートをお楽しみに!


コメント欄を読み込み中