#

AWS EC2 に Mautic をインストールする

  • 2016/03/01 8:30
  • iwamoto

オープンソースのマーケティングオートメーション「Mautic」をAWS EC2環境にインストールする際の手順です。

もっと読む

#

Developers.IO 2016 に行ってきた!

  • 2016/02/20 20:30
  • iwamoto

2月20日に開催された、いつもお世話をしてもらっている、クラスメソッド様のが主催する「Developers.IO 2016」に、お邪魔してきました。

もっと読む

#

concrete5 をざくっと理解したい方向け、公開スライドまとめ

  • 2016/02/18 7:55
  • hissy

弊社メンバーが SlideShare に公開している concrete5 関連のスライドをまとめてみました。concrete5 の概要、Web 担当者さま向け、Web 制作者さま向け、多言語サイト向け、と分類してみました。ご参考にしていただければ幸いです!

もっと読む

#

コーポレートサイトのインフラ環境にAWSを選んだ理由

  • 2016/02/12 8:30
  • iwamoto

くどいようですが、コーポレートサイトのリニューアルをしました! その際に、なぜインフラ環境にAWSを選んだ理由を書きました。

もっと読む

#

AWS、さくらのVPS、実サーバで、費用ベースのconcrete5のベンチマークをしてみました。

  • 2016/02/08 16:19
  • tao

「クラウドは遅い」「いや速い」「VPSも以外と速い」「実サーバが最強」などなど、色々な話を聞くので、実際どうなのか?をAmazonのAWSと費用対効果が高いと言われるさくらのVPS、さくらの専用サーバ(実機)で1リクエストあたりいくらくらいかかるのかを基準に、PHP7、Nginx、MySQL5.7でベンチマークを取ってみました。

もっと読む

#

AmazonS3にアップロードされたコンテンツファイルのバージョン管理を有効にする。

  • 2016/02/05 15:35
  • iwamoto

AmazonS3の耐障害性は99.999999999%(イレブンナイン)と謳われており、余程のことがない限り保存されたデータが損失することはないと考えられます。 ただし、それはストレージとしての耐障害性であり、オペレーションミス、S3以外でのシステム不具合によるデータの損失などには対応できません。 そこでAmazon S3の機能のVersioningとLifecycleを用いたconcrete5上のコンテンツファイルのバージョン管理の方法を記載します。

もっと読む