#

AWS、さくらのVPS、実サーバで、費用ベースのconcrete5のベンチマークをしてみました。

  • 2016/02/08 16:19
  • tao

「クラウドは遅い」「いや速い」「VPSも以外と速い」「実サーバが最強」などなど、色々な話を聞くので、実際どうなのか?をAmazonのAWSと費用対効果が高いと言われるさくらのVPS、さくらの専用サーバ(実機)で1リクエストあたりいくらくらいかかるのかを基準に、PHP7、Nginx、MySQL5.7でベンチマークを取ってみました。

もっと読む

#

AmazonS3にアップロードされたコンテンツファイルのバージョン管理を有効にする。

  • 2016/02/05 15:35
  • iwamoto

AmazonS3の耐障害性は99.999999999%(イレブンナイン)と謳われており、余程のことがない限り保存されたデータが損失することはないと考えられます。 ただし、それはストレージとしての耐障害性であり、オペレーションミス、S3以外でのシステム不具合によるデータの損失などには対応できません。 そこでAmazon S3の機能のVersioningとLifecycleを用いたconcrete5上のコンテンツファイルのバージョン管理の方法を記載します。

もっと読む

#

CMSとリスティング広告との親和性

  • 2016/02/05 7:39
  • hissy

直感的操作の concrete5 は、リスティング(PPC)広告と非常に相性が良いことで好評をいただいています。ブロックを組み合わせる編集方法のおかげで、トップページだけでなく、商品ページや、商品一覧までも、訴求力の高いページへ変身させることができるからです。

もっと読む

#

会社サイトリニューアルで気をつけた細かいこと

  • 2016/02/04 17:12
  • katz

本日、弊社コンクリートファイブジャパン株式会社のサイトをリニューアルいたしました。今年から、取引のある法人の法人番号を申告する必要が出てくるので、経理ソフトには取引サイトの情報欄に法人番号を入力する欄が追加されています。

もっと読む

#

Mautic Meetup Tokyo #1 開催します

  • 2016/02/04 6:07
  • hissy

オープンソースのマーケティングオートメーションソフトウェア「Mautic」の勉強会をスタートします。

もっと読む

ロードバランサーを通してconcrete5のセッションを維持する

  • 2016/02/04 1:28
  • hissy

AWS ELBのようなバランサーを通すと、Webサーバーに到達するIPアドレスがユーザーごとに一定になりません。その場合の回避方法です。

もっと読む

#

静的HTML出力のメリット/デメリットとは?

  • 2015/10/09 17:23
  • admin

concrete5 で作成したサイトを静的な HTML のサイトに出力できる「静的HTML出力」パッケージ。その導入のメリットとデメリットについてまとめました。

もっと読む

PHPカンファレンス2014にブース出展しました

  • 2014/12/14 17:23
  • admin

コンクリートファイブジャパン株式会社は、PHPカンファレンス2014に協賛し、ブース出展ではインテグレートパートナー制度のアピールを行ないました。

もっと読む

#

concrete5はWordPressに代わるものではありません。

  • 2014/02/17 17:23
  • admin

最近、concrete5公式ガイドブックが出版され、concrete5の知名度が上がってきています。そういった中で「WordPressの次に来るのはconcrete5だ!」みたいな声をちらほら聞いて危機感を覚えています。

もっと読む

#

concrete5はどんなWebサイトに向いているか?

  • 2013/06/19 17:23
  • admin

concrete5に関する情報をこのサイトでもブログという形で発信していこうと思います。 まずは、「concrete5はどんなサイトに向いているか?」というよく聞かれる質問についてです。

もっと読む