concrete5が、世界を相手に戦う日本企業をサポートする。

concrete5は、直感的にWebサイトの管理・運営ができる、アメリカ生まれのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。オープンソースとして配布しており、ライセンス料はかかりません。世界中の70万サイト以上で愛用されています。

コンクリートファイブジャパン株式会社は、オープンソース化された2008年からconcrete5に注目し、concrete5日本語版を開発しながら研究や実践を重ねてきたメンバーが中心となり、日本でconcrete5のユーザー企業へのサポートを提供することを目的に設立されました。設立後も、私たちはconcrete5の改善や翻訳、普及活動に積極的に取り組んでいます。こうしたオープンソース活動に対する対価は発生していません。

私たちがこうした無償の取り組みを続けるのは、オープンソースCMSの普及を通じて、日本企業が世界を相手に戦うためのお手伝いをしたいという想いから。日本では、まだまだオープンソースソフトウェアの普及は進んでおらず、セキュリティに関する誤解などを理由に、オープンソースCMSの採用を見送る企業も少なくありません。一方、多くのグローバル企業が、その先進性や開発スピード、カスタマイズの柔軟性などに注目してオープンソースの導入を進めています。

これから世界を相手に戦っていくためには、日本企業もオープンソースCMSの積極的な導入推進が必要であり、concrete5はその大役に適任だと考えています。

 

concrete5が、コミュニケーションを変える。

私たちがconcrete5で様々なクライアントのビジネス課題を解決していく中で、多くの日本企業が様々なステークホルダーとのコミュニケーションにおいて課題を抱えていることが見えてきました。

現代の企業に求められるコンプライアンスやワークフローを満たした上で、いかに活きた情報を素早く、かつコストをかけずに発信していくか。そのための直感的な編集操作を備え、組織での利用やマーケティングへの活用を想定した様々な機能を持つconcrete5は、まさにコミュニケーション課題の解決に最適なCMSです。

 

素晴らしきオープンソースCMSの世界へ、ようこそ。

concrete5はオープンソースCMSですが、それを利用したWebサイト構築には費用がかかります。オープンソースを採用するメリットを最大化するには、常に予算とニーズのバランスを取りながら取り組むことが重要です。また、Webサイトは作って終わりではなく、使い続ける、メンテナンスが必要です。

私たちは、concrete5によるWebサイト構築・保守の実績を積み重ねる中で、クライアント企業さまのニーズと時間的制約や予算などとのバランスを最適化するノウハウを培ってきました。この経験やノウハウを生かし、お客様の利益拡大や競争力強化に貢献できると確信しています。

さらに、様々なお客様のご要望を常にconcrete5本体の開発にフィードバックすることで、バージョンアップごとにそれらの声が反映されたより便利で高機能なCMSをご提供することができます。オープンソースソフトウェアを本当に使いこなしている企業は、単に無料だから利用しているわけでなはく、むしろ積極的にその開発コミュニティに還元することで、より多くのメリットを享受しています。

残念ながら、日本ではオープンソースコミュニティはボランティアというイメージが強く、日本企業はまだそこまでの「賢いオープンソースの使い方」ができていないのが現状ではないかと考えています。オープンソースCMSのサポートを専業とするちょっと変わったコンクリートファイブジャパン株式会社。私たちのサービスを通じて、そんなオープンソースコミュニティの世界へアクセスする切符を手に入れてみませんか?

 

concrete5で、世界を相手に戦う日本企業をサポートする。

それが、私たちコンクリートファイブジャパン株式会社のミッションです。

 

注:リリース当初のconcrete5は日本語での利用に対する対応が不十分であったため、日本語ユーザーが利用できるよう修正を加えたconcrete5日本語版がコミュニティ有志によりリリースされていた。現在では、世界のコミュニティからのフィードバックにより、concrete5は世界の言語で利用できるようになった。