社内ポータルサイトとは?

社内規定や申請書などの社員向けの情報へのアクセスを容易にしたり、コーポレートミッションを周知しインナーブランディングを高めることなどを目的に開設される、非公開のウェブサイトです。メールや紙で伝達していた社内報からウェブサイトに移行することで、情報伝達スピードを向上させられるだけでなく、双方向のコミュニケーションも実現できることから、様々な企業で導入されています。イントラサイト、Web社内報、社内掲示板とも呼ばれます。

社内ポータルを導入した企業の多くは、高額なライセンス費用がかかったり、社員数の増減で維持費用が変動するなどの課題を抱えています。

社内ポータルのよくある課題

・導入、維持にコストがかかる

・どこに何の情報があるかわからない

・使いづらい

・制作会社や情報システム部門に依頼するので情報が遅い

 

 

concrete5 社内ポータルパッケージで課題を解決

 

オープンソースのconcrete5なら、高額になりがちな初期・更新時のライセンス費用を抑えて低コストで導入できます。

クラウド・オンプレミスの違いを選ばずインストールが可能で、既存環境にもスピーディに導入が完了します。

コンクリートファイブジャパンによる手厚いサポートを受けられます。

現場の各部署の担当者に任せることができ情報発信のスピードアップ

使いやすい編集インターフェースで学習コストや社内サポートにかかるコストを大幅に削減

社内ポータルサイトに最適で、マウス操作でカスタマイズ可能な専用のデザインも同梱しました。デザイン費用もかけずに運用開始できます。

 

concrete5 社内ポータルパッケージ紹介資料について

この資料では機能的な特長や導入するべきメリットを説明した資料をダウンロードすることができます。

これから社内ポータルサイトの導入を検討している担当者の方に向け、「concrete5 社内ポータルパッケージ」の良さを知って頂ける内容としてまとめました。