CMSの比較のポイント

CMSを導入にするあたり比較検討されている方は多いのではないでしょうか。

CMSを比較するポイントしては主に下記の2つの要素が重要だと考えます。

  1. CMS要件(改善したい課題を解決できるかどうか)
  2. 運用ルール(自社の業務フローに併せてWebサイトを運用できるか)

 

1.CMS要件

現在、自社内で課題としている問題がCMSを導入することで解決できるかどうかが重要になります。

また、すでにCMSを導入されている場合でも現在の運用に限界を感じ、システムを刷新したいという場合でも同様です。

 

2.運用ルール

これまでの業務フローに合わせてWebサイトを運用できるかどうか、も重要な要素です。

例えば、承認フローが必要な場合、承認フロー機能が標準搭載されていないCMSを選定してしまうと、追加開発費用がかかってしまいます。

予め、想定される社内での業務フローと照らし合わせてCMSを選定しましょう。

 

現在、CMSにはMovable Type、WordPress、DrupalなどCMSには様々な種類のものがあります。

これからCMSを導入してWebサイトを構築しようと考えている方はどのCMSが良いかお悩みでは無いでしょうか。

そこで、concrete5とその他のCMSを比較した資料を作成しました。

この資料ではconcrete5で出来ることとその他のCMSで出来ることを比較しています。

特に、自社内でCMSの導入に際し、比較検討を行う場合に有益な情報となるように作成しました。