concrete5には、コンテンツに行なった編集が実際にサイトに反映される際に承認または却下の査閲を行なえる、1段階のワークフローが標準搭載されています。本機能はこれを拡張し、多段階・複経路の詳細な承認フローを実現。さらに大規模な組織での運用を可能にします。

  • 既存のconcrete5に導入可能なアドオン形式
  • 複数のワークフローを、多様なビジネスプラクティスに合わせて設計可能
  • 完全な追跡記録によるアカウンタビリティ
  • 複数のセクションに一度に変更を反映するバッチ機能

資料&価格表ダウンロード