大規模なサイトで利用したい

よりセキュアに運用したい

突発的な高負荷に対応したい

社内システムと連携をしたい

concrete5だけでは解決できない課題も、弊社専任のインフラエンジニアが

最適なインフラ構成の設計からクラウド・ASPサービスの選定コスト最適化セキュリティ対策concrete5の導入までの全てをサポートします。


Mauticインフラ構成事例:1

マーケティングオートメーションツール「Mautic」を大規模サイトで、かつ安全に利用する構成事例です。

負荷に応じてサーバーインスタンスの起動と停止を自動的に行う「AutoScalling」機能を用いることで、突発的なアクセスにも対応でき、
通常時はサーバーリソースの余剰を抑えることで、最適なコストでの運用が可能です。

すべての通信のSSL化を行い、管理サーバーを別に切り出すことで、より安全な運用が可能です。

concrete5インフラ構成事例:1

AWS(AmazonWebService)を用い、Cloudfront(CDN)を合わせて組み合わせることで、突発的なアクセスにも耐えうる構成となっています。

更新頻度が低く、動的なコンテンツが少ないサイトに適しています。

concrete5インフラ構成事例:2

AWS(AmazonWebService)を用いた汎用的な冗長化構成です。

クラウドネイティブな設計とし、AWSマネージドサービスを積極的に利用することで、従来のサーバー構成に比べ運用負荷を軽減させます。

静的コンテンツと動的コンテンツの分離を行い、サイト表示速度の高速化も図っています。

concrete5インフラ構成事例:3

社内ネットワークとクラウドを専用線で接続し、パブリッククラウド上にプライベートな環境を構築しました。

クラウド上でありながら、プライベートな接続のみとなるためより安全なデータの取り扱いが行えます。


インフラコンサルティングサービスに関連するブログ記事
#
2018/05/31 17:44
Amazon Pay ブロックをご紹介いたします。oncrete5 でも決済ができるようにするブロックを開発いたしました。AWS Summit Tokyo 2018 の弊社ブースでデモをご覧いただけます。
#
2018/05/30 16:54
AWS の画像や動画を分析してくれるサービス「Amazon Rekognition」を使ったメディア・ライブラリーのパッケージを開発。画像や動画を自動的にタグ付けし、量の画像や動画を簡単に検索・管理できるようになります。開催中の AWS Summit Tokyo 2018 にもぜひ、お越しください。
#
2018/05/23 11:48
Certbot is an ACME client which enables HTTPS on your website deploying Let's Encrypt certificates. Let’s Encrypt is a free, automated, and openCertificate Authority. In this post, you can learn how to set it up for nginx on Amazon Linux.